インプラントの利点

歯が抜けてしまうと治療法を選ぶ必要があります。
良く聞く治療法がブリッジです。
ブリッジは簡単にいうと橋と一緒で、丈夫な両サイドの歯の上の部分を削り、
抜けた部分を覆う形で橋をかけてあげます。
しっかり固定されるので違和感がまったくないのですが、弱点としては、
健康な両サイドの歯を削らなければならないということ、そしてあまりに負担がかかり
すぎると、将来その歯に大きなダメージがでてしまうことです。
入れ歯もあります。
大きな欠損の場合、入れ歯は治療法も簡単なので良く好んで用いられます。
治療費も安いのが魅力です。
しかし、手入れが大変です。
また、違和感があります。
そして、あごの噛む力が弱ってしまうこともあります。
ですから、上記の二つの治療法も良く用いられているのですが、
最近はインプラントが勧められるようになってきました。
なぜならインプラントの利点は本当にたくさんあるからです。
まず、うれしいのは自分の歯の感覚がします。
物を噛んだりするときに全く違和感がありません。
天然の歯の感覚がするのです。
そして施術の際、ブリッジの様に周りの健康な歯を傷つけずにすみます。
インプラントは抜けた部分に新しい土台を埋め込み、その上に歯をかぶせます。
つまり、周りに一切影響がでないのです。
また入れ歯などもそうでしたが、本来の噛む力が弱くなってしまいます。
なぜなら土台がないからです。
しかしインプラントの場合は、顎の骨にしっかり力が伝わるので、
噛む力も衰えません。
トータル的にみて、一番良い治療法がインプラントであるといえます。